Instagram Facebook

南禅寺周辺

永観堂

永観堂 vol11 編集ページ

平安時代から伝わる「もみじの永観堂」

空海の弟子・真紹(しんしょう)が仁寿3年(853)創建。正式名称が禅林寺で承歴年間(1077~81)に永観(ようかん)律師が入寺したことが永観堂の名前の由来する。古くから紅葉の名所として知られ、平安時代には『古今和歌集』にもその美しさが詠まれたとか。秋には、約3000本以上のカエデが境内を真っ赤に彩り、多宝塔から見下ろす景色はまさに絶景だ。放生池や阿弥陀堂の周囲には、紅葉が集中していて、多宝塔から見下ろす境内が美しい。

拝観600円(寺宝展期間中は1000円)
P20台(寺宝展示期間中は利用不可)

【夜間特別拝観】
11月7日~12月6日 17:30~20:30(21:00消灯)

永観堂 えいかんどう

えいかんどう

永観堂

075-761-0007

075-761-0007

京都市左京区永観堂町48

市バス停南禅寺・永 観堂道から徒歩3分

9:00~17:00(最終受付16:00)

休み : 無休