Instagram Facebook

京都御所

一条戻り橋

一条戻り橋

さまざまな伝説を残す、一条通堀川の橋

平安京造営に伴い、一条通堀川に架けられた橋。その名は、延喜18年(918)に文章博士・三善清行(みよしきよつら)の葬列がこの橋の上を通りかかった際、息子である熊野の僧・浄蔵(じょうぞう)が柩にすがったところ、清行が一時蘇生したことに由来する。あの世とこの世をつなぐ橋ともいわれ、平安時代の陰陽師・安倍晴明が父・保名を蘇生させた、源頼光の四天王の筆頭・渡辺綱が鬼女に出会って退治したなどのエピソードも残っている。また、戻り橋という名にあやかって戦時中は出征に向かう兵士が橋を渡ることもあったというが、婚礼のシーンでは現在も避けて通られる。現在の橋は、平成7年(1995)に造られたもの。

一条戻り橋

一条戻り橋 いちじょうもどりばし

いちじょうもどりばし

一条戻り橋

京都市上京区一条通堀川

市バス停「一条戻り橋」よりすぐ

通行自由